高齢 自然妊娠 基礎体温

基礎体温で分かること

 

あなたは毎日基礎体温をつけていますか?
昔はつけていたけど、今はつけていないという人。自分の生理周期や排卵のパターンが分かっている人はいいでしょう。

 

でも基礎体温もつけていないくて排卵のパターンも分からないなら、まずは基礎体温を2〜3周期は続けてみましょう。

 

基礎体温を毎朝ちゃんとつけていると、自分の生理周期やホルモンの状態、排卵について分かるようになってきます。
慣れてくるとグラフと体温の変化から、そろそろ排卵しそうだ、とかもうすぐ生理が始まるなど分かってきます。

 

特に自然妊娠を目指すなら排卵日を知ることは重要ですので、基礎体温は欠かせません。

 

基礎体温、正しく測れていますか?

 

基礎体温はきちんと測らないと正しい結果が得られません。
案外よく理解していない人も多いので、正しい基礎体温の測り方について少しお勉強してみましょう。

 

婦人体温計を使うこと

普通の体温と違って基礎体温は36から37度の間を0.1刻みで変化する体温を記録していきますので、普通の体温計では小数点第二位までは測れないんですね。

 

普通の体温計であれば、36.3度の次は36.4度ですが、基礎体温では36.30度と36.39度などと細かくグラフにしていくのでこれらが測れる婦人体温計を使わないといけません。

 

基礎体温表をつけよう

体温を測るだけでは日々の変化はわからないので、グラフに記録してきます。
基礎体温表はドラッグストアで購入することができますし、インターネットでもダウンロードできますので利用してみてください。

 

正しい測り方は、朝起きたらすぐに測るようにします。
体を起こしてしまわないように気をつけてください。
体温が上がってしまって正しい計測ができなくなってしまいます。

 

 

体温計は舌の下に入れて測ります。

 

 

基礎体温の理想は低温期と高温期の差が何度がいいのか

 

理想的な基礎体温は生理1日目から排卵までの低温期と排卵後から次の生理開始までの高温期の体温差が0.3度だと言われています。
何周期か基礎体温を測り続けていると分かってきますが、低温期と高温期がまず2層にきちんと分かれていること、そしてもっと理想を言えば、その体温差が0.3はあると良いですね。

 

低温期がずっと続いていつから高温期に入ったのかよくよくわからない基礎体温の形であれば、排卵が起こっていない無排卵である可能性も考えられます。

 

また、低温期と高温期が分かれていても0.3度の差がなく、高温期といっても少しだけしか高くないような場合であったり、排卵した後の体温が少しずつ高くなって階段上になっている場合、高温期の体温が一定でなく高めだったり低くなったりガタガタしているような形であれば、黄体機能不全も考えられます。

 

また、低温期と高温期がはっきりと分かれてはいても、低温期の平均体温が36度を下回っているような低い体温の場合には、いくら2層に分かれていても低体温すぎて妊娠には不向きですので、冷えを改善する必要があります。

 

 

 

 

排卵日には基礎体温がガクッと下がるって本当?

 

よく言われていることとして、基礎体温でガクッと下がった日が排卵日だという説がありますが、必ずしもすべての人にあてはまるわけではありません。
むしろ、基礎体温がガクッと下がる人の方が少ないかも知れません。
私もガクッとは下がりません。

 

多くの場合、低温期から高温期に変わりかけているときに排卵が起こっていると考えるのが自然だそうです。
ですから後から振り返ってみて、この日を境に体温が上がったからこの日が排卵日だったのかな、と分かることはあっても、その日の体温が低かったから今日が排卵日、明日からは高温期に入るということは分からないということなんですね。

 

ですので基礎体温をつけて自分のパターンが分かるようになると、だいたいこのあたりが排卵日だなという予想はつけやすくなりますが、完全ではありません。いつも同じ周期であってもたまたま次の周期はちょっと長くなって排卵日も遅れることもよくあります。

 

ですから自然妊娠を目指しているならば基礎体温をつけつつ、排卵検査薬を使ってより正確な排卵日を知ることが重要です。