高齢 自然妊娠 不妊治療

えっ?そうだったんだ!!高齢になると妊娠しにくくなるわけ

 

40代という高齢の人がなかなか妊娠にいたらない主な理由をご存知ですか?

 

妊娠しにくくなる理由のほとんどが「卵子や精子の加齢」が原因です。

 

そんな不妊の40代のあなたの妊娠力をアップさせる鍵が「ミトコンドリア」です。

 

卵子や精子を細胞から元気にして自然妊娠を目指しませんか?

 

イースタティックミネラル配合【ミトコア300mg】

 

 

 

 

40代の人の妊娠率やリスクって・・・

 

40代で妊娠、出産することは不可能ではありません。

 

実際に妊娠して健康な赤ちゃんを産んでいる人も多いですよね。

 

ですが、医師が薦める妊娠適齢期は過ぎてしまっていますので、40歳を過ぎて妊娠を希望する場合には、なかなか思うように妊娠しにくいこと、高齢での妊娠のリスクについてきちんと理解しておく必要があります。

 

妊娠率ってどのくらい?

不妊の原因がない20代の夫婦でも1周期あたりの妊娠率は20%くらいと言われています。

 

それが40歳になるとなんと5%にまで減ってしまいます。

 

特に不妊症というわけでなくても、40歳を過ぎていたならば病院に行って不妊になる原因がないかどうかを検査しつつ、同時進行で卵胞の大きさをチェックしてもらって、排卵するタイミングを見てもらい、夫婦生活を持つようにするといいと思います。

 

ちゃんと排卵しているかどうかって、病院で診察してもらわないと分からないので、排卵していない、もしくはしにくい体なのにそれを知らずに毎月毎月子作りにチャレンジするのも40代の人は時間が正直もったいないです。

 

とにかく1日でも早く、1周期でも早いうちに妊娠するほうがいいですよね。40歳を超えると1歳の年齢差で妊娠率や流産率も変わってくるんですよ。

 

 

流産率が高くなる

妊娠率の低下と反比例して流産率が高くなるのが40代の妊娠です。

 

実際に私も40代での妊娠は2回、稽留流産を経験しました。

 

40歳以上の場合、流産する確率は40%とも50%とも言われています。

 

妊娠したと思ってもその後妊娠が継続しにくく、初期流産で終わってしまうのが40代の人の妊娠なんです。

 

 

染色体異常が増える

上のポイントAと通じるところがあるのですが、高齢になると染色体異常のある受精卵が増えます。

 

染色体異常がある卵は着床しないか、着床して妊娠したとしても、その後の成長が止まって流産になることが多いんですね。

 

40代の流産率が高い理由は染色体異常なんです。

 

中には染色体異常があっても、そのまま妊娠が継続して出産にいたるケースもありますが、その場合には産まれてきた子供にダウン症などの障害があることが出てきます。

 

 

 

それでも自然妊娠を希望するあなたがやるべきこととは?

 

自然妊娠の確率がとても低いことも分かった。

 

40代の妊娠のリスクについても十分に承知した。

 

それでもやっぱり、不妊治療をしないで自然な形で妊娠したい。

 

 

そう考えているあなたは、まずは自分の排卵日、毎月の排卵のパターンを把握することが大事です。

 

排卵日を自分で知る方法も当サイトでご紹介します。

 

また、妊娠しやすい体位や産み分けについても紹介しています。

 

そして、何よりも卵子や精子を細胞から活性化させることは絶対に忘れないでくださいね。

 

卵子や精子を細胞から元気にするミトコンドリアのサプリはこちらです。